スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

どですか!

2010.02.11(00:59)
DSCF6290_convert_20100211000230.jpg


いつも寝るときにはテレビがついています。

良いか悪いかというとあまり良くないと思います睡眠が浅くなるしリラックスできないからです。

しかし、寝ている間のテレビのことを覚えていたり、ひらめいたりもします

でもほんとは朝起きれないと困るので、睡眠が浅いほうが良いだけです

うつらうつら、そのときやってる番組やコーナーで時間がわかるからです。


今日は、たまたまチャンネルがいつもと違いました。

そこで記憶に残っていたのが矢野きよ実さんの声です。

たぶん『どですか』だと思いますが、何か熱く語っていた気がします。

思い出してみたのですが、要約すると以下のことを言っていたと思います。

記憶違いや夢うつつの空想だったならすみません。



職人の心はすばらしいと思います。
やめないことの最上級が職人であって、子どもたちに職人の心を伝えたい。
学校の授業でも職人を呼んで授業をやったら良いのではないだろうか?
やめてしまうことは簡単です。 
子どもたちにはやめないで続けた先に何があるのかを伝えたい。



こんな内容だったかな?
自信がなくなってきましたが、こういう内容を一生懸命説明していたように思います。

私はその通りだと思うし職人までとは言わないですが、子どもたちには同じことをがんばって続けてほしいと思っています。
つらかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、うれしかったこと、悔しかったこと、それらをすべて経験して成長してほしいと思います。

私がお手伝いできるのは運動に関してだけですが、パーソナルトレーニングに通う競技志向の子どもたちには、機会があればいろんな話をします。 常に意識しイメージし実行できるように、後悔の無い一日を過ごせるように話をします。

キッズクラスに対しても同じです。 お母さんたちにはただ楽しいだけでやらせるのではなく、その先を見据えていてほしいと思っています。
楽しいだけで、障害にあたってつまらないからやめることを繰り返しては、ただ精神の防衛機制(自分ができないことの理由付けや正当化など)を発達させるだけです。
どんなことでも、自分にはあっていない、ほかに合うことがあるはずだ、楽しければいい、あんなにがんばってバカみたいだと、できないことやらないことの正当化、逃げることでの正当化で世の中を渡っていくのは悲しすぎると思います。

脳の働きのうち、性格などの情緒や感性など心に関わる部分は、5歳まででほぼ完成するらしいです。 2~3才までという話もありますが。。。そしてそれですべてでもありません。人は学習する動物であり、そのあとの環境でも大きく変わる可能性もあります。

最近ではわりとお子さんのわがままに寛大だな?と思うことが多々見受けられます。
しかし、お母さんたちにはお子さんの言いなりではなく、お子さんの将来のためにしっかりと愛情をそそいでほしいと思います。


その基本的なところに、社会性とやめないことで得ることが、多く影響すると私は感じます。



キッズ・ジュニアのパーソナルトレーニングなら名古屋市のエクサイズトレーニングスタジアムへ!

http://www.xyz-ts.com/
関連記事

<<天白ミニバスケットボール アスリートふれあい教室 | ホームへ | 自分の感覚!?>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://xyzts.blog25.fc2.com/tb.php/5-80fe940b
| ホームへ |
プロフィール

ミッキー

Author:ミッキー
XYZ(エクサイズ)ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック