スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

月ボ掲載!!

2010.02.26(01:01)
月刊ボディビルディング4月号
今回月刊ボディビルディングの記事に載りました。
今はあらゆる面でとても大きくなった後輩「ジュラシック木澤」こと木澤大祐によるインタビュー記事です。
説明が長くてだらだらなってしまいましたが、良いことも書いてあるはず

月刊ボディビルディング 記事
しかも難しいらしいです
興味のある人は買って読んでくださいね

柏木三樹の20年近くものトレーナー人生で学んだこと。
筋肉をつけるには?伸び続けるには?の極意が書いてあります
↑おおげさ
でもパーソナルトレーナーとしていろんな人の結果を出すために、とても大事にしていることです。

毎月25日発売
来月も引き続き連載です






ダイエット・シェイプアップ・ボディメイクのパーソナルトレーニングなら名古屋市天白のエクサイズトレーニングスタジアムへ!

http://www.xyz-ts.com/
スポンサーサイト

天白ミニバスケットボール アスリートふれあい教室

2010.02.12(00:13)
天白ミニバス 集合

本日は加藤千豊氏(元日本代表・元住友金属所属)による天白ミニバス アスリートふれあい教室です
たくさんの小学生に集まっていただきとても盛況です。

この教室では毎回加藤氏にお世話になっています。



天白ミニバスケット 小技
まずは「ボールになれること」としてたくさんの小技を披露していただきました。
さすが加藤氏。お子さまの心をつかむのは上手です。
楽しく笑いの中で技術を伝えています。

加藤氏遠くてもでかい!
加藤氏、遠くにいてもデカいです!
2m強あるらしいです


最後のあいさつでは、できるだけたくさんボールに触ること。
できるだけたくさん練習すること。
よく考え頑張って続けていくこと、という言葉で締めくくっておられました。



加藤千豊氏サイン攻め!
終わったらサイン攻め
サイン色紙を持ってきた子もいれば、プリントの切れ端の裏の子もいるし、いろんなところにサインでもうたいへん
まあご愛嬌ということで




エムズクリエイションスタッフ集合!
加藤氏およびスタッフのみなさん。おつかれさまでした






キッズ・ジュニア競技のパーソナルトレーニングなら名古屋市天白のエクサイズトレーニングスタジアムへ!

http://www.xyz-ts.com/

どですか!

2010.02.11(00:59)
DSCF6290_convert_20100211000230.jpg


いつも寝るときにはテレビがついています。

良いか悪いかというとあまり良くないと思います睡眠が浅くなるしリラックスできないからです。

しかし、寝ている間のテレビのことを覚えていたり、ひらめいたりもします

でもほんとは朝起きれないと困るので、睡眠が浅いほうが良いだけです

うつらうつら、そのときやってる番組やコーナーで時間がわかるからです。


今日は、たまたまチャンネルがいつもと違いました。

そこで記憶に残っていたのが矢野きよ実さんの声です。

たぶん『どですか』だと思いますが、何か熱く語っていた気がします。

思い出してみたのですが、要約すると以下のことを言っていたと思います。

記憶違いや夢うつつの空想だったならすみません。



職人の心はすばらしいと思います。
やめないことの最上級が職人であって、子どもたちに職人の心を伝えたい。
学校の授業でも職人を呼んで授業をやったら良いのではないだろうか?
やめてしまうことは簡単です。 
子どもたちにはやめないで続けた先に何があるのかを伝えたい。



こんな内容だったかな?
自信がなくなってきましたが、こういう内容を一生懸命説明していたように思います。

私はその通りだと思うし職人までとは言わないですが、子どもたちには同じことをがんばって続けてほしいと思っています。
つらかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、うれしかったこと、悔しかったこと、それらをすべて経験して成長してほしいと思います。

私がお手伝いできるのは運動に関してだけですが、パーソナルトレーニングに通う競技志向の子どもたちには、機会があればいろんな話をします。 常に意識しイメージし実行できるように、後悔の無い一日を過ごせるように話をします。

キッズクラスに対しても同じです。 お母さんたちにはただ楽しいだけでやらせるのではなく、その先を見据えていてほしいと思っています。
楽しいだけで、障害にあたってつまらないからやめることを繰り返しては、ただ精神の防衛機制(自分ができないことの理由付けや正当化など)を発達させるだけです。
どんなことでも、自分にはあっていない、ほかに合うことがあるはずだ、楽しければいい、あんなにがんばってバカみたいだと、できないことやらないことの正当化、逃げることでの正当化で世の中を渡っていくのは悲しすぎると思います。

脳の働きのうち、性格などの情緒や感性など心に関わる部分は、5歳まででほぼ完成するらしいです。 2~3才までという話もありますが。。。そしてそれですべてでもありません。人は学習する動物であり、そのあとの環境でも大きく変わる可能性もあります。

最近ではわりとお子さんのわがままに寛大だな?と思うことが多々見受けられます。
しかし、お母さんたちにはお子さんの言いなりではなく、お子さんの将来のためにしっかりと愛情をそそいでほしいと思います。


その基本的なところに、社会性とやめないことで得ることが、多く影響すると私は感じます。 ⇒どですか!の続きを読む

自分の感覚!?

2010.02.10(00:47)
DSCF6277_convert_20100210001349.jpg

自分の感覚は結構いい加減なものです。

感覚の鋭い人鈍い人それぞれですが。。。


この方はいま腰痛がひどく、定期的にパーソナルストレッチをおこなっています。

右の腰が悪く、左あし重心になって左脚が骨盤に対して内旋した状態になっています。

炎症が治まって腰痛がある程度良くなってくれば、ストレッチをおすすめします。

パーソナルストレッチでは自分で分からない左右差を正し、正常な稼動域・それ以上を目指します。

柔軟性の左右差は体の歪みにつながります。 

筋肉の左右差にもつながります。 筋肉の左右差は体の歪みを助長させます。


Sさんはこれで左右同じくらいの感覚と言っていました

ストレッチし始めはまだ同じくらいですが、左右対称になるまでの時間がだいぶ早くなりました

早くなったとはいえ、同じ姿勢でいると筋肉が固まるっぽいので、まだ炎症があるといえます。

筋肉や関節に炎症があると、すぐに筋肉や関節周りの組織が癒着してしまうので、炎症を抑えながら関節や筋肉を動かす必要があります。

腰痛としての痛みもだいぶ軽減しているようですが、正常とはまだ程遠いのでもう少し続けましょう!


ただ、前回よりもカタくなってくるときもあるので、日常生活での注意がもっと必要です。





⇒自分の感覚!?の続きを読む

ひさしぶりに

2010.02.09(00:33)
繧ウ繝斐・+・・DSCF6151_convert_20100208234743

木澤と久しぶりに写真を撮った!
昔はよく遊びに行って楽しかった

いま会うと、とても懐かしく感じる。

安心する。




彼は今年は頑張らないらしい。。。


去年は強い想いで気負いすぎ、肉体の疲労を気持ちで超えてしまった。

極度に疲れて筋肉が異化・分解していることに気が付かなかったのだ。

ほかの競技では、程よい気負いで自分の限界以上の記録を出すことができることもある。

しかし、ボディビルではトレーニングの重量よりも見た目。 筋肉を分解するほど気負ってがんがんトレーニングするようでは良い結果が出ない。

ボディビルは客観的に自分を見続けることが大切だが、あせりや気負い、痛みや苦痛、つらい減量など、その時の条件で違う結果が出ることがある。


つねに自分を客観的に見つめる時間をとってほしい。



これからもジュラシック木澤の応援をよろしくお願いします。
⇒ひさしぶりにの続きを読む

今日から!

2010.02.02(00:39)
ブログをはじめます
ぼちぼちやりますので末永くお願いします


とりあえず、最初に思ったのは今日お母さんと電話でお話したキッズクラスの話。

お母さんはうちの子は運動が苦手でどんくさいから大丈夫ですか?とおっしゃっていましたが。。。

とんでもないです!運動の苦手な子ほど来てほしいと思ってます。

運動の得意な子はあえて何もしなくても、そつなくすべてをこなしていくでしょう。

しかし、運動の苦手な子はちがいます。

苦手意識を持ち、運動を避けるようになっていきます。 そして、ほかに誇れるものがなければ、自信を失い積極さを欠くようになってしまうのです。

子供のときは天真爛漫でのびのび育ってほしい。 大人になったときにその問題を抱えていってほしくないのです。

いまいる子供たちが大人になっても、元気いっぱいで自信を持って積極的に。。。

そうなってもらえることを祈っています。


うちのキッズクラスはダンスのほかにも遊びの中でいろんな運動をします。 その中で基本的な運動能力を伸ばし、大きくなったらいろんなスポーツができるようになってほしいと思っています。

はじめはうまくできなくても、いつかは必ずできるようになります。

あきらめるのは子どもではなくて、お母さんです。

お子さんが泣いてしまったとき、あきらめずみんなといっしょにがんばるように説いて聞かせてください。

お子さんがいつまでたってもうまくできないとき、ビデオで撮っておうちに帰っていっしょに練習してあげてください。

お子さんが友だちとなかなか仲良くなれないとき、お友だちをおうちに招待していっしょに楽しくご飯を食べてあげてください。

勝手な想いかもしれませんが、これが私の想いです。

あまりそう見られないみたいですが、私は大人は苦手ですが子どもは大好きです ⇒今日から!の続きを読む
| ホームへ |
プロフィール

ミッキー

Author:ミッキー
XYZ(エクサイズ)ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック